Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40代の転職での心構え

◆40代の転職での心構え
40代で転職しようとしているのであれば、30代までと同じような就職活動をしていてはいけません。
企業が40代に望んでいることが、30代とは違っているからです。
では40代と30代では何が違うのでしょうか。

30代ではまだ管理職の経験は少ないでしょうから、マネージメント能力というものをそれほど期待されてはいません。入社してから、能力を伸ばすことができるからです。
それに対して40代であればたいていが管理職の経験を持っていると考えられることと、マネージメント能力をこれから伸ばすのではなく、そのような能力はすでに持っているとみられています。

つまり、40代は管理職として即戦力になることを期待されているといえるでしょう。
実際に新しい職場に入って、すぐに戦力になるということは簡単ではありません。
ですが、マネージメント能力を持っていれば、戦力になるまでの期間が短くてもよいということでしょう。
すべての人がそのように能力を持っているわけではありませんが、求人している企業側がそのような人材を求めているということは、現実問題として否定できないのです。

そのような意味において、40代の転職は厳しいといえるのです。
企業側の期待に沿った人材であることを、どのようにすればアピールできるのでしょうか。
実はマネージメント能力をというものは、外見を見ただけでは判断できないのです。
あなたの内面から出てくるものだからです。
あなたのアピール次第で、転職の成否が変わってくるといえるでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。