Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てママのお仕事復帰&転職フェア

子育てママを労働力としている企業と子育てママとのマッチングの場を設定し、ママのライフスタイルに合った、週2~3勤務とか時間が自由に使える・育児経験が役に立つ・パートから正社員登用へなどの可能性を含め、女性の転職支援をするウーマンドリームは大変素晴らしい運営だと感心しています。

私は、「ママジョブ」を運営しているウーマンドリームの斎藤あや子と申します。私は、これまで子育てママを対象とする、フリーペーパーの編集・発行に関わってまいりました。
その中で、多くの子育てママから「ママになったら、働きたい、転職したいけど、うまく働く先の職場・企業が見つからない」という声を沢山聞いてきました。
そこで、お仕事復帰、転職を目指す子育てママと、意欲のある子育てママを採用したい企業様との転職・就職をマッチングできる場をご提供できればとの思いに至り、ウーマンドリームを設立し、この度、下記要領にて、転職・就職フェアを実施することにいたしました。

ご参加を決めた大手乳業メーカー様の出展決定理由:
<3つのポイント>
その1、学生の就職フェアはあるが、子育てママの転職・再就職フェアは初めての試みだから!
その2、働く意欲ある子育てママとの交流を積極的にしていきたい!
その3、子育てママの転職・再就職支援をしていきたい!
(出典:PRONWEB Watchより)

人材各社、Uターン転職に照準・地方拠点を拡充を

なるほど都市部から地方へUターン転職をする需要に目をつけているんですね。特に親の介護と仕事を両立させるために、出身地への特に、女性の転職を望んでいる件数が増加しているとは、たしかに高齢化社会のなかでの仕事の仕方なんでしょうね。

人材サービス会社が都市部から地方へUターン転職する需要の取り込みに動き始めた。地方拠点を大幅に増やして求人情報を収集、都会での経験が活かせる仕事を紹介する。親の介護と仕事を両立させるために出身地への転職を希望する人が増えている。景気拡大の影響で、地方での求人数が拡大していることも背景にある。

パソナは1年後をメドに、転職支援の拠点を現在の34都道府県から和歌山や茨城など全都道府県に広げ、Uターン希望者向けの求人情報を充実させる。大手製造業の工場や地元の中小企業を紹介する。3年後には年間500人の成約を目指す。マンパワー・ジャパン(横浜市)も北陸や東北、九州など地方都市を中心に3年間で拠点数を80前後増やして約200カ所とする。これまで都心部で働いてきた女性に派遣先企業を紹介する。
(出典:NIKKEI NET)

自分に合った転職先を見つける方法教えます

いろんな女性の転職求人情報がありますが、ピッタリと自分に当てはまる転職先を探すには、なかなか難しいですよね。女性の求人情報サービスをいかに活用するか、女性の転職先選びのお手伝いを上手に教えてくれます。これは期待できますね。

■転職先に望む条件を明確にするところから始めて
転職先を選ぶ際、最も大切なのは「自分が転職先に求めるものは何か?」を明確にしておくこと。
売り手市場といわれる中、巷には求人情報があふれている。「だからこそ、転職先に望むことに優先順位を付けておかないと、結局自分に合った求人情報を選べないという事態に陥りかねない」と、キャリアコンサルタントの高野秀敏さんも指摘する。自分が転職に求めるのは仕事のやりがいなのか、待遇面のアップなのか、オフタイムの充実なのか……。自分自身の棚卸しをした上で、まずは転職先に求める条件を整理しよう。

第一段階がクリアできたら、求人情報提供サービスや人材紹介会社を使って、理想の転職先探しに移ろう。効率よく理想の転職先を見つけるには、情報源の特性やメリット・デメリットを理解しておくことが大切。このページでは、転職情報サイト、人材紹介会社、新聞広告、ハローワークついて、それぞれの特性を簡単にまとめたので参考にしてほしい。

興味のある求人情報が見つかったら、自分なりにその企業について調べてみよう。会社研究をすることで、どうすれば自分がその企業に貢献できるのかが見えてくるはず。
一方で、「企業そのものには魅力を感じるけれど、希望職種での募集がない……という場合でも、とりあえず受けてみることをオススメします」と高野さん。「今は『優秀な人なら積極的に採りたい』という会社も多い。積極的に自分を売り込み、ニーズを“掘り起こす”だけの価値も大いにあると思いますよ」(出典:日経WOMANより)

外資系転職サイトシー・シー・コンサルティング社紹介

シー・シー・コンサルティング社は、外資系転職サイト「キャリアクロス」を運営しており、効果的なリクルーティング・リソースを提供しているんです。そのほか、英語と人と世界をつなぐポータルサイト「イー・ベンキョー」の運営を行ってようで、日本の外資系転職サイトの先駆けとして、人材派遣市場における求人・求職者ニーズへ対応しており、十分納得できるものだと思います。

外資系転職サイト「キャリアクロス」を運営する、シー・シー・コンサルティング株式会社(本社:東京渋谷区、代表取締役社長リチャード バイサウス)では、このたび「キャリアクロス派遣」サイトをリリース致します。日本における外資系転職サイトの先駆けとして培ってきた専門性と独自のネットワークを活用し、人材派遣市場における求人ニーズ、求職者ニーズ双方へ対応してまいります。

「キャリアクロス派遣」サイトリリースの背景
昨今の景気回復及び2007年問題による団塊世代を中心とする大量退職などを受け、労働人口の慢性的な減少が予想され、以前にもまして企業の人材獲得ニーズが高まっています。総務省による完全失業率(季節調整値)は2007年4月、8年ぶりに3%台を回復し、同7月も3.6%と前月に比べ0.1ポイントの低下、有効求人倍率も2006年平均で1.6倍と14年ぶりに1倍台を回復して以来、上位水準を保っています。

雇用市場の慢性的な労働力不足を受け、派遣市場を取り巻く環境も、めまぐるしく変化しています。労働者派遣法規制緩和による派遣社員需要の拡大や待遇の向上、金融・商社など専門職派遣等による派遣人口の増加、中高年層への派遣の広がり、就労者の働きかたの多様化による新たなニーズの出現等、労働者人口の減少にも関わらず、派遣市場はますます活況を呈しています。
また、5月に施行された三角合併の解禁で外資系企業の増加が引き続き予想され、派遣市場においてもバイリンガル人材の獲得ニーズがさらに高まりつつあります。しかし現状では、企業の6割が人材不足を、4割が語学堪能者不足を課題と捉えています。弊社、「キャリアクロス」では、現在約78,000人の登録者のうち、80%がビジネスレベル以上の語学力を持ったバイリンガルです。就労形態の多様化に伴って、キャリアクロスユーザーにおける英語派遣へのニーズも高まりつつあり、1年後登録者数1万人を見込んで「キャリアクロス派遣」サイトの開始となりました。

「キャリアクロス派遣」の特長
外資系転職サイトの先駆け、長年の実績による信頼性が当サイトの背景となっています。
<求職者のメリット>
・ここにしかない「英語派遣」の仕事情報が満載:英語やその他の語学を必要とする仕事情報のみを掲載するため、他社にはない仕事や大手外資系の派遣の仕事情報が満載です。
・派遣の仕事に特化した効率的な求職活動:正社員転職ではなく派遣求人専門サイトなので、手間がかからず直接の求職が可能です。
・英語学習のポータルサイト「eBenkyo」のご提供:“英語学習と国際資格”をテーマにしたお役立ち情報満載のポータルサイトの利用が可能です。
<人材派遣会社のメリット>
・語学レベルの高いバイリンガルが豊富:登録者はビジネスレベルの語学力を持った、労働意欲の高いバイリンガルが中心です。
・効率的な採用活動:即戦力採用など企業のニーズにいち早く応えられる、優秀なバイリンガル獲得が容易です。
・弊社が人材派遣会社に代わり優秀な人材を確保:人材獲得に向けた広告を単独出稿する必要がないため、経費削減につながります。(出典:ValuePress!より)

新ガイドサイト「オールアバウト女性の転職」を開設

女性の転職に役立つ情報としては、女性ならではの視点で提供されおり、女性の転職活動において、この上もなく女性の仕事選びにフィットする情報が蓄えられており、女性にとっては素晴らしく活用できるものだと思いました。

新ガイドサイト「All About 女性の転職」を開設
-転職サイト「とらばーゆ」と共同で、働く女性に向け転職のノウハウを提供-
㈱オールアバウトは、専門家がガイドする総合情報サイト「All About」内において、株式会社リクルートが運営する、女性のための転職サイト「とらばーゆ」の協力のもと、新ガイドサイト「All About 女性の転職」をオープンいたしました。

新ガイドサイト「All About 女性の転職」について
楽しく働きたい」「自分らしく働きたい」「憧れの職業につきたい」など、女性の仕事・転職に対する要望は様々です。また、「どんな仕事が向いているのかわからない」「会社を選ぶ基準を教えて欲しい」「経験がないけれど大丈夫?」など、転職の際の悩みも尽きません。そんな20代後半~30代のキャリアアップを考える女性にむけて、「とらばーゆ」編集長のガイドが「とらばーゆ」での編集経験を生かし、女性ならではの視点で“仕事のマナー”“転職のノウハウ”“キャリアアップのコツ”など、女性の転職に役立つ情報を提供してまいります。
(出典:NIKKEI NETより)

就職・転職活動の四季報の良い点悪い点

就職・転職活動をするに当たり、企業の詳しい情報を知りたいという場合、やはり東洋経済新報社から発行されている四季報は役に立ちますね。就職・転職活動をする人にとって必需品といってもいいと思います。

会社説明会などでは、年収の話や離職率などは詳しくは聞けません。その点、四季報はそのような年収や離職率といったデータがしっかり載っています。雇用条件を知るには、やはりこの本でしょうね。
また、賢い四季報の使い方として、この就職・転職四季報の過去数年分を入手し、データを比較したりするといったことができます。数年分のデータがあれば、どこどこの企業は平均年収がどれだけ増加しているとか、採用数が減ったなどの傾向がつかめて便利ですね。

しかしながら、この四季報には弱点もあります。まず、掲載企業数があまり多くないことですね。
有名企業でも載っていないところがたくさんあるんですよね。あと、それぞれの項目が「NA(回答拒否)」ばかり企業もあり、イマイチつかめないところもかなりあります。 「NA(回答拒否)」ばかりの企業は印象があまりよくないですね。逆にそこに注目するという見方もありますね。

とりあえず、N/Aが散見されるなどで本来の目的を果たせないこともしばしばあり、 データが貧弱であるという印象も少なからずあると思います。なので、この本をパラパラとながめてみて、興味を持った企業についてインターネットで調べてみるという、購入した当初とは逆の利用法で活用するという方法もあります。

就職・転職活動の面接形態

就職・転職活動で内定を得るには面接を突破しないことには不可能です。近年の就職・転職活動では1対1の個別面接のほかにも面接形態がいくつかあるのを知っていますか?
では、これから就職活動を始める学生並びに就職・転職活動の方のために、それらについて簡単に紹介してみます。

まず、「集団面接」ですが、これは数人の学生が一度に同時に面接を受けるものです。
発言の順序によって異なりますが、最初に論理的にバシッと決められると、自分が話すことは「稚拙」ではないのかと思い込んでしまい、予定していた話を変えて失敗する場合があります。この場合は、もう「人は人」と割り切ってしまって、自分の素顔をぶつけることが重要だと思います。立派な話で合否が決まるわけではありません。

また、自分と似ているエピソードを先に喋られてしまい、面食らうこともあるでしょう。
しかし、慌てることはありません。エピソードを説明するのみだと同じような話になるかもしれませんが、その背景にある自分の想いを語るのであれば十分に差別化は可能です。なので、心配することはないですね。

もうひとつは「クループディスカッション」です。これは一般的には、与えられた課題について学生何人かで討論させるものです。このとき、話の主導権を握ろうという狙いで必要以上にテンションを上げて発言する人がいるものです。しかしこれは独りよがりの行動に映ることもあります。大事なのは「周囲の状況をきちんと判断した発言ができているか」ということでしょうかね。その様子を面接官はしっかりチェックしています。

また、発言の中に物事への取り組み方を判断できる要素があるかどうかも面接官は見ています。その上で、グループの発言を吸い上げて、与えられたテーマを結論づけていく方向へ模索する姿勢の有無も判断の基準にしているようです。今挙げたふたつは慣れないと周囲に影響され、失敗する場合があります。面接本を買ってきて目を通したり、練習をしたりするのもいいでしょう。

転職時の志望動機の書き方

転職や就職する時、まずは入りたい会社を決めます。その次にやることは応募するときに提出する履歴書作りです。
特に書きにくいのは志望動機の欄だと思います。たかが履歴書とは思わないでください。採用担当者は履歴書の「志望動機」の欄を特に重要視しています。志望動機の内容で特に見られるのは「自分はどういう仕事をしたいのか」「この会社に入ったらどういったことをしていきたいのか」というところだと思います。

ここでは「この会社に入ったらどういったことをしていきたいのか」をみていきましょう。これを書くことで会社側は自分達の会社にとって貢献できる人物かどうかを判断することができます。会社側はお給料を支払うのですから合わない人を雇ってしまっては意味がありません。会社にとっての利益を考え、それに該当する人材、成果をあげそうな人材を選ぶようにするのです。

ですからただなんとなくの感覚で、志望動機を書かないようにしましょう。会社側の利益に対して自分が該当するのか決めるのは会社側ですが、熱意は伝わると思いますので適当に書かないでしっかり書くようにしましょう。

資格アピールの転職志望動機

資格をアピールする転職活動の履歴書の志望動機を書くためのネタとして「資格」に焦点をあててご紹介してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。資格をアピールすることで志望動機が書きやすくなると思います。

「私は小学生~中学生の頃、家族の仕事の関係で海外に住んでいました。日本に帰国して問い詰めTOEICを受けてみたところ800点ほど取ることができました。日常会話も充分にできると自負しています。こちらの会社では海外の会社との取引が多いと聞いていますので自分の英語力が活かせるのではないかと思っています。ぜひこちらで英語力が活かせる仕事をさせていただきたいと希望しています。」

上記のように記述した場合、自分が持っている具体的な資格や英会話が日常会話レベルならできるということがきちんと相手に伝わっていると思います。
ただ資格を持っていますとアピールするより具体的にどのレベルかが一目で分かりやすいようにアピールすると、採用する側も判断基準にしやすいと思います

志望動機には派手な文章はいりません。地味でもいいので具体的なことを書いた方がいいのではないかと思います。

退職金を一時金で受取る場合の税金

この退職金を一時金で受取る場合の税の計算方法は以下の4つのステップで計算します。
ただし、会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出した場合に限ります。

1.退職所得=(退職金-退職所得控除)×1/2 
※退職所得控除の計算方法 勤続20年以下=40万円×勤続年数(退職金が最低80万円までは無税) /勤続20年以超=70万円×(勤続年数-20年)+800万円/
2.所得税額=退職所得×所得税率
3.住民税=退職所得×住民税率×0.94.退職手取額=退職金-所得税額-住民税/このように退職金にかかわる税額が決まりますが、実際は会社が税金に関しては天引きして支払ってくれるので、自分で手続の必要はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。