Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動と履歴書

就職活動の際、履歴書を書いたのはいいが、その履歴書を入れる封筒の宛名や住所をどのような風に書くかで迷っている・・・という方も多いことかと思います。

履歴書の封筒にも様々な種類があり、履歴書セット同封のものもあれば、大学指定のものや細長いもの、また、A4サイズに対応した返信用封筒まであります。
就職活動への一歩を踏み出すために、封筒の書き方や入れ方について今のうちにマスターしておきましょう。

転職してきた社員に対するケア

転職に対するケア、その通りで、受け入れ側にも改善すべきものが多くあると思います。ある会社の試みを聞きましたが、お兄さん、お姉さん制度(上司以外にメンターをつける)、入社2,4,6週目における会社との公的の転職者面談をしているようです。もっとよい試みがあるかもしれません。転職者つまり新人に対するケアが薄いのは、既存スタッフが気がつかないということもあるでしょうし、余裕がないということもあるのでしょうね。

転職ブーム(ブームなのか?)の中、個人の意志とは別に浮かれ調子で転職してしまう方も少なくないようですし、今の会社を逃げ出したい一心で転職する方もいらっしゃるようです。どんな理由じゃなきゃいけない、と決まったことがあるわけではありませんし、思いの外うまくいく転職もあるのだろうと思います。

しかし、転職した本人にも責任のある一方で、転職を引き受けた会社の社員、先輩、上司たちにも、それなりの責任というか、ケアをすべきところがあるんだと思うんですね。
しかし、人を採用する会社であり、特に大企業と言われる会社でもない場合は転職者の即戦力を求めていることもあるためか、ケアが薄いことがあります。本人が困っていることに気付かなかったりするわけですね。

中途入社の社員が困るケースというのは、いくつかあると思います。その会社独自のルールが分からない。以前より難しい仕事なので分からない。単語が分からない。以前と職種が違うので分からない、などなど。
そして中途であるがゆえ、分からない、と言いづらいことがあります。「そんなことも知らないの?」と思われちゃいけない、という思いがあり・・。

その会社の先輩諸氏の仕事は、新しいメンバーの批判ではないと思います。(もちろん、評価は必要です)飲み屋に行って「あいつ、出来ないよなぁ、ったく。」という憂さ晴らしも時には必要でしょうが、面倒を見ることで、後々自分たちも楽になったり、良い仕事に繋がったり、などというメリットもあるでしょうし。
と、自分自身に言い聞かせつつ・・・。(出典:ITmedia Altemative Blogより)

転職活動:履歴書の入れ方

転職活動への一歩を踏み出すために、封筒の書き方や入れ方について今のうちにマスターしておきましょう。
まず封筒のサイズですが、サイズは様々なものがあります。
でも、なるべくならば履歴書は折り曲げない方が、見るほうにとっては気持ちよく見ることができますよね。
ビジネス上でもこういったさりげない気遣いはビジネスマナーとして大切になると思いますよ。
仮にA4サイズなら、履歴書をクリアファイルに入れ、さらにA4サイズ対応封筒へ入れて送るのが印象も良いですね。

未経験でも大丈夫!「リセット転職」のススメ

圧倒的な人手不足が背景にあるようです。新卒採用や転職の中途採用で不足する人材を、第二新卒を積極的に採用しているのだそうです。そのため、職種や業種が未経験というより、技術未経験の異業界転職もたくさん見られる、ということを聞いております。

人気急上昇中の転職求人市場での第二新卒世代。入社3年以内、年齢25~26歳くらいまでの若手社員を意味し、技術職においても売り手市場が始まっている。「未経験でも可」と転職求人を出す企業も多いが、実際には何を望んでいるのか。そしてブームの背景には何があるのか。

転職になぜモテる第二新卒!拡大する転職求人マーケットとその理由
リクルートエージェントによると、2年ほど前から第二新卒の転職求人数が増加。技術職については1年半ほど前から目立ってきたという。当初の転職求人募集は主にIT企業でのソフト系職種、それがメーカーのハード系職種まで拡大したという。まずは全体的な傾向をつかもう...
(出典:livedoorキャリアより)

人気IT企業9社の『こだわり転職』を実現する方法

早速本誌で「エンジニアの声」を読みました。彼らは転職に際して何にこだわり、どのような転職先を目指したのか、また、転職後に果たしてそれが満たされたのか。その中で、彼らの「こだわり」が単なる「希望」や「わがまま」ではなく、エンジニアとして正当かつ切実な希求だったことも見えていましたので安心した次第です。

リクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT Tech総研」は、エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』情報を毎日お届けしています。

IT業界の大手各社は具体的な数字をあげてキャリア採用の拡大を公表しており、また、膨大な数のIT企業が現在まさに募集中です。では、エンジニアの「こだわり」が実現できる転職のチャンスはどれだけ可能なのでしょうか。

今回Tech総研では、人気企業9社で活躍するエンジニアに、転職に際して何にこだわり、どのような転職先を目指したのか、また、転職後に果たしてそれが満たされたのかを聞いてみました。

聞いてみたのは、アビームコンサルティング㈱、アクセンチュア㈱、㈱大和総研、マイクロソフト㈱、日本ヒューレット・パッカード㈱、日本アイ・ビー・エム㈱、㈱野村総合研究所(NRI)、㈱NTTデータ、SAPジャパン㈱の人気企業9社。

各企業で働くエンジニアに、「仕事内容」「教育環境」「勤務環境」「評価制度」などのポイントに分けて、現場で感じている生の声を通して企業の魅力を紹介しています。
また、今回の特別企画では、1回の申し込みでリクルートエージェントのアドバイザーが、9社に対する採用可能性とともに、「あなたのこだわり転職実現度」を診断できるサービスを設けています。
(出典:News2unetより)

中高年が転職をする理由

中高年が転職をする理由は大きく分けて次の5つに分類できます。
①会社の倒産
②リストラ
③自己都合(独立を含む)
④ヘッドハンティング
⑤病気による退職。
バブルの崩壊以降はリストラ、倒産による転職が多かったのですが、最近は倒産件数が減少したため、倒産による転職は減っています。ただ、大企業以外の雇用はいまだ流動的です。では中高年に関してはどうでしょう。残念ながら芳しくありません。よほどの実力がない限り、転職をしても厳しい状況が待っています。実力がある人は、企業が離しませんし、ヘッドハンターに声をかけられ、転職の心配などしなくて済みます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

転職を斡旋する会社

転職をするには転職を斡旋する会社があります。
一番有名なのはリクルートです。こうした会社にまずは登録し、ふさわしい会社の求人があれば紹介してくれる、というシステムをとっています。
このような会社は紹介した人材が採用されると、成功報酬として年収の30%程度を目安として請求しています。ですから転職に有利な技能や経験、難関資格の保持者、数少ない分野のエキスパートなどは引く手あまたで、転職斡旋会社のいいお客さんです。
なぜならそういう人の年収はだいたい高額だからです。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

40代での転職

40代という企業での人生経験が豊富であれば、新しい職場での自分の活かし方についてもある程度の道筋を自分なりに作ることができるかもしれません。
企業があなたを評価するときにそのような管理能力を良い方向で見てくれればいいのですが、面接などで十分に評価してくれることを期待するのは現実的ではないでしょう。
人柄や管理能力といったものは簡単に短時間でわかることではないからです。
ですから、転職のコンサルティング企業などを通しての再就職の道が最短と言えます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

転職者募集の年齢制限とは

企業が転職者の募集をする時に年齢制限を設けていることがよくありますが、それは単なる目安であると考えてよいでしょう。
「40歳まで」などと記載されていれば、41歳ではだめなのかというと、そうではないからです。
ですから、転職が30歳までということを気にする必要はないのです。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

40代の転職事情いろいろ

長い間派遣社員として仕事をしてきたのに、不況になってあっさりと派遣切りに合ってしまったという人は多いかもしれません。
30代であればまだ、別の土地でのやり直しという選択肢もあるかもしれません。
しかし、40代となると状況は変わってきます。
40代であれば家族があり、子供を養っているというのが一般的でしょう。
今更、転勤など考えたくないということもあるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。